脱毛の方法

脱毛の方法

脱毛の方法イメージ

女性なら絶対にやっておきたい脱毛ですが、施術してくれるところはたくさんあるし値段もバラバラでどれを選んだらいいのかわからない、という方が多いと思います。
レーザーニードルを使う施術は医療機関で行うことが 出来ます。 、ワックスを使う施術はエステサロンで行えます。
家庭用脱毛器、毛抜き、除毛クリーム、カミソリは自宅でご自分で行うことが出来ます。
永久脱毛がしたい、部分的にしたい、痛みがないものがいい、自宅で簡単に行いたい、などまずはなにを自分が大事にしたいのか考えて、自分にあった方法を見つけられると良いですね。

家庭で簡単にできる脱毛の方法

家庭で簡単にできる脱毛の方法というと毛抜きを思い浮かべる方が多いでしょう。うまくいくと毛根から抜けますが、毛乳頭は残るのでまた生えてきます。それにうまくいかずに切れ毛になったり、毛穴を傷付けると埋もれ毛や色素沈着する可能性もあるため、あまりおすすめできません。実は最近では家庭用の光脱毛マシンも登場しています。エステに行かずとも家で光脱毛できることから、忙しくて予約が入れられない女性から支持をされています。マシンの値段は高いですが、エステのコースに申し込むよりは安いこともあって、人気急上昇中です。

光脱毛の方法の良い点とは

家庭で簡単にできる脱毛の方法というと毛抜きを思い浮かべる方が多いでしょう。うまくいくと毛根から抜けますが、毛乳頭は残るのでまた生えてきます。それにうまくいかずに切れ毛になったり、毛穴を傷付けると埋もれ毛や色素沈着する可能性もあるため、あまりおすすめできません。実は最近では家庭用の光脱毛マシンも登場しています。エステに行かずとも家で光脱毛できることから、忙しくて予約が入れられない女性から支持をされています。マシンの値段は高いですが、エステのコースに申し込むよりは安いこともあって、人気急上昇中です。

肌にやさしいレーザー脱毛

カミソリや毛抜き、除毛クリームなどの脱毛アイテムを使って処理すると、あとで必ず真っ赤に腫れたり、湿疹が出来てかゆくなるとお悩みの方があれば、美容クリニックでレーザー脱毛を受けることをおすすめします。 レーザー脱毛に使用されている医療用レーザーは、毛根には強いダメージを与えられますが、皮膚は傷つけないので、自己処理後の肌のように荒れる心配がありません。 美肌をキープしたまま、余分な毛だけをなくせるのがレーザー脱毛の魅力なので、両わきや手足をツルツルにしたい方はチャレンジしてみてください。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛(電気脱毛)とは毛穴に針を差し込み、電気を流して毛根を消滅させていくという方法です。針を毛の流れに沿って挿入することになるため、ある程度ムダ毛を伸ばした状態で施術を行うことになります。昔はよく行われていた方法なのですが、痛みがかなり強いですし、料金も高いということで今ではあまり行われていません。この脱毛は細かい部分や色素沈着している部分、シミやほくろがある部分のムダ毛に対しては有効です。それは色素の濃い場所はフラッシュやレーザーが使えないためであり、どんな場所のムダ毛でも処理できることがメリットです。